1: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:21:10 ID:aPk主 ×
1レスで完結する怖い話やってくで

引用元:1レス怖い話するで

3: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:21:47 ID:Wg0 ×
怖すぎやろイッチ天才やで
5: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:22:02 ID:W3U ×
ちょっと待ってチビった
6: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:22:14 ID:5DD ×
もう全裸で待ってんだ
7: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:22:22 ID:aPk主 ×
お母さんは私がいない時に、勝手に私の部屋に入っています。
時々ならいいけど、本当にいつもいつも。
それが嫌で嫌で仕方なくて。

私の部屋で何してるんだろうって、気になりますよね、やっぱり。
だから私、お母さんが部屋に入った時に、こっそり覗き見したんです。
そしたらお母さん、棚の隙間に腕をつっこんでた。ほんの数秒。
してたことはそれだけでした。

お母さんが部屋をでた後に、何してたんだろうって、棚の隙間を見てみたんです。
暗くてよく見えなかったから、ケータイのライトで照らした。
ビックリしました。
だって、画鋲が刺してあったんだもん。棚のうしろの壁にビッシリと。

隙間に手をいれてたのは数秒だったから、部屋にはいる度に、1つずつ刺していったんだと思います。
なんでお母さんはこんなことしてるんだろう。

9: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:22:59 ID:BJ9 ×
誰か解脱して
10: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:23:18 ID:5DD ×
>>9
お母さんが画鋲を刺してた
11: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:23:28 ID:W3U ×
解説をだね
したまえよ
12: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:23:41 ID:aPk主 ×
外国のお話。
ある男が2人、車で海岸沿いの道を走っていた。
初夏の肌寒い日だったので海に入っている人こそ少なかったものの、
それでも家族連れやアベックなど老若男女で浜辺はそれなりの賑わいを見せていた。

どうといったことのない平凡な風景。しかし運転席の男はその光景にかすかな違和感を覚えてもいた。
やがて海岸が見えなくなった頃、助手席の男が口を開いた。
「気付いたか?」
先ほどまでの陽気な口調とは異なり、その面もちはいくぶんこわばっている。

「海岸にいた連中、みんな海の方を見ていなかった。
立っている者も座っている者も、全員海に背を向けていたんだ

13: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:24:07 ID:poY ×
これイッチの自作なんか?すごいな
14: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:24:18 ID:aPk主 ×
解説はない
雰囲気を楽しめ
15: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:24:23 ID:rdV ×
7が今のところ意味がわからなくて怖い話
17: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:24:25 ID:Gkg ×
薄っぺらすぎ
18: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:24:32 ID:aPk主 ×
ショートショート感覚で読んでくれ
20: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:24:37 ID:5DD ×
不安の種的な怖さってことやな
23: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:25:00 ID:rdV ×
盗んできたカーナビはよく勝手に近場の墓地まで案内してくれる。
25: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:25:42 ID:aPk主 ×
>>23
こういうの
お前らも思いつきでもええからどんどん書いてってな
24: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:25:18 ID:aPk主 ×
母親の部屋で見つけたカセットテープ。
タイトルには俺の名前が書かれていた。
「もしや未来の俺へのメッセージ的な何かかな?!w」と興味本位でテープを聞いてみると、
聞こえてきた声は母親でも父親でもなく、知らない男の声。ひどく震えた声だった。
内容は父と母に対する恨み辛み。
部屋を探してみると似たようなテープが山ほど見つかった。
全部に同じように俺の名前が書いてあった。
26: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:25:43 ID:QJz ×
今年で52やが童貞や
31: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:26:27 ID:AYN ×
>>26
証拠はらでい
35: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:27:02 ID:QJz ×
>>31
うそやすまん
44: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:29:33 ID:AYN ×
>>35
そんなぁ〜
27: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:25:58 ID:pS2 ×
一行でやれ
30: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:26:11 ID:aPk主 ×
>>27
いや〜キツイっす
28: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:26:05 ID:Ywt ×
初手の画鋲のやつが強すぎたわ
29: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:26:10 ID:r35 ×
世にも奇妙な物語の最初の出だしくらいの感じか
32: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:26:27 ID:BJ9 ×
今日から1ヶ月海外出張なんだが

エアコンつけっぱだったわ

33: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:26:32 ID:gam ×
夜に見るんじゃなかった
34: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:26:39 ID:rdV ×
そういえば強烈な一行怪談あったな
ワイのじゃないけど
36: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:27:25 ID:aPk主 ×
だいぶ前の出来事です。
友達に借りたテープに録音されていたラジオ番組を聞き終わり、いちいち停止ボタン押すの面倒だからと、
テープが再生し終わって停止するまで放っておこうと思ったんです。
しばらく無音だったんですが、突然波が打ち寄せる音と共に、抑揚のない男の人の声で

「海に浮かんでいるものでしりとりをしてみよう」
と言う声が聞こえてきました。
僕が「?」と思っていると、小さな女の子の声で

「人間」

37: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:27:56 ID:poY ×
>>36
なんかこれ見たことある
38: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:27:57 ID:5DD ×
女の子しりとり弱すぎて怖いわ
40: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:28:18 ID:b7R ×
キッズ「テープ?録音?」
41: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:28:32 ID:aPk主 ×
>>40
これが一番怖いわ
42: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:28:59 ID:BJ9 ×
>>40
さすがに知ってる
43: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:29:16 ID:aPk主 ×
ある男が秋葉原の路上店で、人口知能会話ソフトが三百円で売られているのを見つけた。
有名なメーカー製であったため、男は喜んでそのソフトを買い、帰宅するとすぐに試したが、
そのソフトは「助けて」と「もう許して」の二種類しか返事をしなかったという。
46: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:30:02 ID:AYN ×
>>43
学習データがそれしかなかったんやな
45: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:29:33 ID:rdV ×
昨日まで隣家から聞こえていた苦しそうな咳が今日はうちの天井裏から聞こえる。
47: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:30:26 ID:aPk主 ×
子どもの頃、僕は2階建ての借家にすんでいた。
母親も仕事をしていたので、学校から帰っても自分一人のことが多かった。
ある日、夕方遅く学校から帰ってくると、家の中が暗い。
「おかあさ~ん」と呼ぶと、2階からか小さな声で「はあ~い」と
応える声がする。もういっかい呼ぶとまた「はあ~い」。
自分を呼んでいるような気がして、2階へあがる。
階段をあがったところでまた母を呼ぶと、奥の部屋から「はあ~い」と声がする。
奇妙な胸騒ぎと、いっこくも母に会いたいのとで、奥の部屋へゆっくりと
近づいていく。
そのとき、下で玄関を開ける音がする。母親があわただしく買い物袋をさげて
帰ってきた。「しゅんすけ、帰ってる~?」明るい声で僕を呼んでいる。
僕はすっかり元気を取り戻して、階段を駆け下りていく。
そのとき、ふと奥の部屋に目をやる。
奥の部屋のドアがキキキとわずかに動いた。
僕は一瞬、ドアのすきまに奇妙なものを見た。
こっちを見ている白い人間の顔だった。
50: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:31:14 ID:BJ9 ×
>>47
途中までの方が怖い
48: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:30:46 ID:b7R ×
人工知能会話ソフトを喜んで買う男
49: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:30:49 ID:5DD ×
なんだっけ、芸能人の怖い話
心霊スポットて噂の夜の海辺で「ヤバイヤバイ、特にその消波ブロックの辺りがヤバイ」て霊感の強い奴が言っててその消波ブロックに近づいたら消波ブロックじゃなくて積み重なった暮石の山だったって話
51: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:31:23 ID:mWF ×
おんJで子供のころの遊戯王の話してたら単発からお前○○使ってたか?って効かれた
52: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:31:34 ID:aPk主 ×
ある男性は、近所で飼われている猫の、あの赤ん坊の泣き声にも似た発情期の鳴き声に悩まされていた。
ある晩とうとう我慢ならなくなり、外に出て鳴き声がしている場所を突き止め、怒鳴ろうとした――
その後、彼は友人にこう語った。

「あれが猫だとか赤ん坊だとか思ってる奴は幸せだよ」

53: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:32:28 ID:Rqn ×
哲学ニュースの人青色にしてください

不思議ネットの人赤色にしてください

54: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:33:07 ID:aPk主 ×
検索サイト「Google」で「階段」と検索すると、膨大な数のページが表示されるが、
ときたま、たった一件しか表示されないことがある。
そのページは階段の写真が一枚表示されているだけのものだという。
もちろんこの階段を上がることはできないが、誰かが下りてくる可能性は否定できない。
66: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:38:18 ID:3SE ×
>>54
もはや信じようと信じまいとスレじゃないか
55: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:33:27 ID:5ZF ×
永井産業
57: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:34:10 ID:AYN ×
>>55
今年で52歳の童貞
確かめると
実は嘘
59: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:34:54 ID:5ZF ×
>>57
素人童貞やろなぁ
56: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:33:40 ID:rdV ×
「やべえ遅刻だ!」朝食は諦め、あわただしく着替えを済ませて鞄を持って玄関を飛び出すと、そこは見慣れた町並みではなく、今まさに特急が走ってくる線路の上だった。
60: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:36:52 ID:5ZF ×
>>56
これ何が怖いのか分からん
64: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:37:56 ID:rdV ×
>>60
すまん書き込んでから関連性が薄いことに気づいた
普通に恥ずかしい
58: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:34:11 ID:BJ9 ×
だんだんクサくなってきたな
61: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:36:52 ID:UmW ×
なんの証拠もなくてあれやが三浦春馬の亡くなる数時間前に普段好きでもなんでもない三浦春馬の顔が思い浮かんだわ
63: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:37:48 ID:AYN ×
>>61
悲しくなる話はやめろ
62: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:37:45 ID:aPk主 ×
ウルトラセブンの一話が、抗議によって封印処分されたのは有名な話であるが、実はウルトラマンAにも封印された回が存在する。
抗議等を受けたからではなく、製作側が自主的にお蔵入りを決定したのだという。
完成したフィルムを試写した時、劇中の台詞がすべて女性の金切り声に変わっていた為らしい。
71: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:42:03 ID:gam ×
>>62
セブンの一話ってなんや
73: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:42:31 ID:aPk主 ×
>>71
伝わないないか・・
それが恐ろしいわ
65: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:38:11 ID:Mv7 ×
夢の中で色を認識すると帰ってこれない
67: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:38:58 ID:WTZ ×
体の一部をおんjで晒すと警察が稀に来るらしい
68: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:39:21 ID:mx7 ×
寝る前に耳鳴りが人の声に変わる時たまにあるよね
69: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:41:51 ID:mkQ ×
寝る前に見るんやなかったわ
70: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:41:53 ID:aPk主 ×
有名なの
東日本大震災のとき津波により多数の死者が出たのはご存知だろう。多くは水死体として海岸などに流れ着いてしまったが一部例外があるらしい。
翌年の釣果報告サイトでは普段取れないようなカニやシャコが大量だのことで釣り人はたいそう喜んでいた。
72: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:42:20 ID:gam ×
スペルちゃうんか?
74: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:43:04 ID:V0J ×
セブンの一話って全滅したやつやったっけ
79: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:44:07 ID:UmW ×
>>74
スペル星人の話やね
モデルの宇宙人が被爆者をモデルにしたとかでお蔵入り
75: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:43:16 ID:Mv7 ×
三面鏡を前と後ろに置いて正面の鏡を見ると
右側の4回反射した面がどこに視線を置いても目が合うっていうの話は知っとる?
92: 【346万3532円】:20/08/18(火)23:47:31 ID:lAH ×
>>75
マッマとアッネに鏡借りてやったらホンマに目があって草
視線がどうこうはイマイチやったけど
鏡面に話しかける感じで口パクパクしてたら風呂入れんくなったわ
アッネにもやらしたろ!
98: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:49:03 ID:nWt ×
>>92
何だこの額
76: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:43:26 ID:3SE ×
第一話じゃなくてとある一話ってことじゃね
被曝星人のやつ
77: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:43:33 ID:JTt ×
スレタイから趣旨が変わってきている希ガス
78: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:43:44 ID:gam ×
やっぱスペルか
81: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:44:27 ID:9cm ×
俺の住むアパートの隣の部屋からは決まって朝4時にアラームが鳴る。
その日もいつものようにアラームが鳴った。そしてすぐ止んだ。
「ずいぶん目覚めがいいな」と思ったが早朝なので俺は再び眠りに落ちた。
俺はもう少し寝てから起きて外出した。
夕方になって帰宅すると、隣の部屋の前に警察官が沢山いる。
警察官に何があったのか聞いてみた。
「ここの部屋の人、一昨日から職場を無断欠勤してるんで家の中に入ってみたら死体で見つかりました。死後2日経ってます。」
82: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:44:30 ID:aPk主 ×
世界がもし100人の村だったら
8人は与えられたばかりの生をまだ理解できない者
42人は生を理解していないが充実した生を送っている者
45人は生を理解せず怠惰な生を送っている者
5人は生と死とは何かを悟った者
4人は自分の死を未だ理解していていない者である

まあゾッとできればそれで良し!

83: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:44:39 ID:JTt ×
マンションの玄関でふと上を見上げると五階あたりのベランダからこちらに手を振っている人がいる。逆光で顔はよく見えない。なんとなく無視する気にもなれなくて小さく手を振り返した。
…相手の首から上が落ちてきたのでエントランスに逃げ込んだ。振り返ることはしなかった。
85: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:44:53 ID:JTt ×
(上を見上げる)
86: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:45:05 ID:JTt ×
途中投稿…
87: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:45:13 ID:V0J ×
平安時代の話。
田舎から都へ上って来た男が、途中荒れ屋敷に宿泊する。
ところが、夜中に部屋の隅にあった箱の中から目線を感じたので怖くなり、
「馬の様子を見に行こう」と言って外へ出ると、そのまま飛び出した。
すると後から「なぜ分かった」と恐ろしい声がして、何者かが追いかけてきた。
逃げようにも逃げ切れず、そのまま目の前にあった橋の下へ。
橋の上で何者かは自分を探していたが、急に橋の下へ声をかけて来た。
「おいでかな」
すると、隠れていた男の傍で声がした。
「おりますよ」

話はここで終わっている。記録した人間は急に筆を擱いており、結末は不明。
そもそも、書いている最中に何があって書けなくなったのかも不明である。

89: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:45:34 ID:aPk主 ×
ある誘拐殺人事件は、報道の範囲の例としてしばしば引き合いに出される。
被疑者の自室が暴かれたことも問題視され、マスコミ各社に講義が殺到したが、一番多かった問い合わせは
「テレビに映し出された被害者の写真がまばたきした」というものだったことは知られていない。
90: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:45:45 ID:nWt ×
ここ半年外出てない
91: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:45:55 ID:JTt ×
(「上を見上げる」って重言じゃないか校閲全然足りてなかったわ)
93: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:47:50 ID:V0J ×
某県某市に、決して開かないマンホールがある。
その厳重さは、マンホールの内部に鉛を注入してある程である。
そして、そのマンホールの内側から何か物音を聞いた者もいるそうだ。
その地下には下水もガス管も地下鉄も存在していない 一体何に蓋をしているのだろうか
94: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:47:53 ID:JTt ×
こういうところで高額出るよな
95: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:47:58 ID:aPk主 ×
今起きてる怖い話
今部屋がすごいミシミシいってる
家鳴りはたまに聞くんだがそれとは比べ物にならないほどはっきりと聞こえる
まるでプラスチックをパキッ・・パキッ・・と割っているような音が電気を消した暗い部屋に響いている
96: 【1864円】:20/08/18(火)23:48:23 ID:lAH ×
ファッ!?
これが出てたらチンハラ確定やったのに
97: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:48:43 ID:3SE ×
みんなワイに手を振ってた
99: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:49:47 ID:wZh ×
昨日、丑三つ時にトイレのドア開けたら目が空洞の子供が立っていた
100: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:50:01 ID:Knf ×
ふと外を見た。暗かった。
外に出た。二度と家には戻れなかった。
それから二週間経って、ようやく家に入った。
俺が居ない方が幸せそうだった。
101: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:50:30 ID:aPk主 ×
CIAが超能力を真面目に研究し、それを軍事転用できないかと本気で考えていた1985年頃の話。
未来予知や予言が出来る超能力者に「100年後の最新兵器の設計図」を「透視」させる実験が行なわれた。
厳選に厳選を重ねて集められた12人の超能力者に(互いの能力が影響しないよう)個別に透視させた結果───
12人全員が「石弓」の設計図を描いたそうである。
102: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:51:07 ID:3SE ×
「夜間に洗濯機を回し続けさえすれば、いい物件だと思いますよ」と不動産屋の男はにっこりと笑って言った
103: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:52:10 ID:aPk主 ×
ずっと昔の話。
小学1年の時に祖母が亡くなり、仏壇のある部屋でお坊さんがお経を唱えてた。
すると、お経に合わせて祖母の遺影の口が動いてる…。
その場では遺影がお経を唱えてるなぁ~なんてぼんやりと考えていて、その後の昼食の時にイトコのお兄さんにその事を話した。
意味が伝わらなかったのか、子供の戯言かと思われたのか分からないが「そんな事もあるんじゃない」と言われたもので、私も「そうなんだ」と納得して終了。

その2年後、今度は祖父が亡くなりました。
すると、またお経に合わせて祖父の遺影がパクパク。
しかも仏壇沿いの壁に掛けられていた祖母、曾祖母、曾祖父の遺影までパクパク。
さすがに異様な感じがしたので母にその旨を伝えようとしたが、めちゃめちゃ怒られたのでそこで終了。

それ以来お葬式に行くことがなかったので今はどうなのか分からないけど、妙な体験でした。

104: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:52:19 ID:98z ×
信じようと、信じまいとのロアやん
105: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:53:10 ID:TAd ×
夜中に電気を消して鏡を見る。
暗くて見えないだろうから、鏡に近付いて行く。
そして自分の顔が認識できるくらいの位置に立つ。

すると背後から人の気配を感じることがある。
感覚だけでいい。
それが何人くらいなのか数えてみる。

それは、自分を心底嫌ってる奴の数。
それこそ、死を願ってるくらいに嫌ってる奴の数。

106: 名無しさん@おーぷん:20/08/18(火)23:53:34 ID:aPk主 ×
小学校に上がる前だと思う。
ある朝に目を覚ますと、隣で寝ている兄以外、家に人の気配がなかった。
家中を見て回るが誰もいない。
不安になって兄を起こそうと声をかけ、肩をゆするが目を覚まさない。
どんなに激しく揺り動かしても、ぐにゃり、ぐにゃり、とするばかりで死んでいるかのようだ。

私は怖くなって家の外に出た。雨が降っていて薄暗かった。
家の周りを泣きながら歩き回ったが、家の外にもまったく人の気配はなかった。
泣きながらまた家に帰り、ぐずぐずしていると、ふいに両親が現れた。
「どこにいってたの」と聞いても答えてくれず、
「お父さんはここにいるよ」「お母さんはここにいるよ」と答えるばかりである。
訳が分からなかったが、とにかく両親は戻ってきて私は安心した。
そこに兄が現れた。兄の顔を見た私は息を飲んだ。
そこにいた兄は兄ではなかった。
背格好は似ている。しかし、昨日までの兄、さっきまで隣で寝ていた兄と顔が全然違う。
目つきがきつい。鼻が細く高い。ほほがこけている。髪がぺたんとしている。

あの不思議な朝のようなことは、あれが最初で最後だった。
しかし兄自体は、それからもずっと兄とは思えない男の子のままだった。

おすすめの記事